多能工化モデル事業の趣旨・概要

 国土交通省及び受託者である一般財団法人建設業振興基金は、社会資本の整備・維持管理や地域の防災・減災など、地域社会を支える中小・中堅の建設企業等が多能工育成を推進することにより生産性向上に資するモデル性の高い取組みについて支援を実施します。
支援内容は、対象事業に選定された事業に要する経費の一部を初年度のみ支援するものです。
支援金額は1件当たり原則3百万円とし、支援金額と同額以上の自己負担が必要となります。

※多能工とは・・・建設工事において連続した複数の異なる作業や工程等を遂行するスキルを有する個人あるいはそれを可能にする生産システム

支援対象事業の公募について

支援の対象となる事業

多能工化推進による生産性向上に資するモデル性の高い取組で、平成30年度から起算して概ね3年程度の行動計画及び目標を設定できる事業であること。(詳細は募集要項参照)

<支援の対象となる事業のイメージ>

応募事業主体の主な要件

以下1~4の要件を満たすこと(詳細は募集要項参照)

  1. 複数の中小・中堅建設企業等からなる連携体、建設業団体、教育訓練機関等又はそれらの連携体であること。
  2. 平成30年度内に支援額と同額以上の経費を自己負担すること。
  3. 連携体の構成員全てが社会保険等に適切に加入していること。
  4. その他、申請書の「確約事項」を承諾できる企業等であること。

支援額

支援金額は1件当たり3百万円を上限とし、具体的な金額については、支援の対象が選定された後、事業計画と支援要望額の内容を精査の上、予算の範囲内において決定します。

公募期間

平成30年5月29日(火)~7月9日(月)(当日必着)

募集要領は以下からダウンロードしてください。


支援対象事業 募集要領


(申請書類については(一財)建設業振興基金にお問い合わせください)

  

お問い合わせ・応募受付先


〒105-0001東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館 6階
(一財)建設業振興基金 経営基盤整備支援センター 経営改善支援課
TEL03-5473-4572 FAX03-5473-4594