国土交通省と建設産業人材確保・育成推進協議会[事務局:(一財)建設業振興基金]では、建設業への入職に関心を抱いて頂くために、工業高校の建築・土木、環境、デザイン学科などで学んでいる在校生を対象に募集を実施した、平成30年度「高校生の作文コンクール」の入賞者を発表いたしました。審査の結果、国土交通大臣賞は、愛媛県立松山工業高等学校3年の曽我部七海さんが受賞されました。
 なお、土地・建設産業局長賞には静岡県立浜松工業高等学校2年の村上莞和さん、愛媛県立松山工業高等学校3年の堂本美帆さん、長崎県立長崎工業高等学校3年の井手萌香さんの3人が受賞されました。

曽我部 七海 「大切にしたい言葉」 (愛媛県/松山工業高等学校3年)

村上 莞和 「国際協力の現場へ」 (静岡県/浜松工業高等学校2年)
堂本 美帆 「建築の魅力に関する一考察」 (愛媛県/松山工業高等学校3年)
井手 萌香 「誇れる職業」 (長崎県/長崎工業高等学校3年)

船山 真里 「グローバルな土木技師を夢見て」 (栃木県/宇都宮工業高等学校3年)
左口 野々花 「女性現場監督を夢見て」 (静岡県/浜松工業高等学校2年)
早野 晴人 「技術者としてのプライド」 (静岡県/浜松工業高等学校2年)
森 菜々香 「人々の記憶に残る建築デザイン」 (静岡県/科学技術高等学校1年)
仲野 萌 「工業高校に入って」 (三重県/四日市中央工業高等学校3年)
林 さくら 「工務店の小さな仕事」 (京都府/京都工学院高等学校2年)
中尻 愛麗 「次世代に繋ぐ建築」 (愛媛県/松山工業高等学校3年)
北村 葵 「私の新しい夢」 (佐賀県/佐賀工業高等学校3年)
池永 光 「「魔法」じゃない」 (熊本県/熊本工業高等学校1年)
大平 海 「頂を目指して」 (熊本県/天草工業高等学校3年)

立命館大学 OIC総合研究機構 グローバルMOT研究センター 客員教授
建設産業人材確保・育成推進協議会 運営委員会委員長 古阪秀三

【募集・応募の概要】
対象者 全国の工業高校の建築学科、土木学科等の在校生の皆さん
募集期間 平成30年5月7日(月)〜平成30年7月10日(火)
題 材 ・建設業を志している理由
・建設業に対するイメージ
・好きな建物や構造物(ダム、橋梁等)あるいは将来造りたい建物等
・建設業へ就業した場合の5年後、10年後の自分
※建設業に関する内容ならば自由
応募総数 1,157作品

※過去の受賞作品はこちらから
・平成29年度
・平成28年度
・平成27年度
・平成26年度
・平成25年度