コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - クラウドアイ - GPS機能と通信モジュール搭載の、ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システム。安全運転指導やエコドライブの推進にも役立つ。
搭載車両の位置をリアルタイムで確認できるほか、ルート追跡も可能(クリックで拡大できます)
搭載車両の位置をリアルタイムで確認できるほか、ルート追跡も可能(クリックで拡大できます)

搭載車両の位置をリアルタイムで確認できるほか、ルート追跡も可能(クリックで拡大できます)
搭載車両の位置をリアルタイムで確認できるほか、ルート追跡も可能(クリックで拡大できます)

ドライブレコーダーも搭載(クリックで拡大できます)
ドライブレコーダーも搭載(クリックで拡大できます)


技術の概要
「クラウドアイ」は、GPS機能と携帯電話通信網による通信機能を備えた、ネットワーク型ドライブレコーダーを用いた車両運行管理システムである。具体的には工事用車両など、端末装置を設置した社用車・公用車の運行状況をパソコン上で、リアルタイムで把握できるほか、運搬ルートなど1日の運転履歴データも自動的にクラウドサーバへ送信・記録されるというシステムである。加速度センサを内蔵しているため、急発進、急ブレーキといった車両の異常な挙動の把握も可能であり、また、ドライブレコーダー機能を備えているので、万一の事故発生時には、その前後の状況が動画データで記録されるようになっている。

〈クラウドアイの特徴〉
●車両運行の省力化・効率化を実現:車両の運行管理のために要所ポイントに人員を配置し、目視で確認する、といった必要がなくなる。また、車両の位置情報を参照することによって、担当者やドライバーが経験や勘に頼ることなく業務を遂行できるようになる。
●運転手の安全運転指導に役立つ:急ハンドルや急発進・急ブレーキといった、情報が取得できるので、客観的なデータに基づいた安全運転指導が行なえる。指導データは、自動作成が可能である。
●エコドライブ意識を高める:総走行距離からおおよそのCO2排出量を計算し、その数値を履歴として残すことができる。これにより運転手のエコドライブ意識が高まり、CO2排出量が抑制されることが、地球環境の保護につながる。
●簡単に設置・利用できる:ペンケース大の車載端末は、付属の吸盤を車両のフロントガラスに貼り付け、シガーソケットから電源をとるだけで設置できる。また、
状況把握用のパソコンに専用ソフトをインストールする必要はなく、インターネット環境があればどこからでも状況の把握が可能である。

利用分野、これまでの実績等
トラックやミキサー車等の出入庫状況把握、時間・ルートの確認と記録や、運搬工における施工計画(ルート規制、時間帯規制、スピード規制等)の履行確認といった用途で、全国各地で延べ1,000台以上の採用実績がある。

特許の登録情報等
NETIS登録番号[HK-100009-A]

中小建設企業へのPR
運転記録を活用した安全運転指導、燃費向上によるコスト縮減、発注者へ提示する運行記録の自動作成、ルート規制やスピード規制による沿道環境への配慮など、技術提案や創意工夫におけるさまざまな用途で利用されている。

メッセージ・注意事項等

・車載端末は、au(KDDI)の携帯電話網のサービス提供エリア内で利用できる。
・利用可能エリア内でも、トンネル、地下など電波の届きにくい場所では利用できないことがある。


コンタクト希望