コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - WILL工法 - 2タイプのリボンスクリュー型攪拌翼の使い分けや、「ブーメランプレート」の装着などにより、幅広い土質の中層改良に適用できる工法。
攪拌翼「T型リボンタイプ」(左)、黒いブーメランプレートを装着した「箱型リボンタイプ」(右)
攪拌翼「T型リボンタイプ」(左)、黒いブーメランプレートを装着した「箱型リボンタイプ」(右)

従来工法(縦回転攪拌)と、WILL工法(揺動攪拌)の比較イメージ図(クリックで拡大できます)
従来工法(縦回転攪拌)と、WILL工法(揺動攪拌)の比較イメージ図(クリックで拡大できます)

WILL工法の掘削能力比較【掘削時間-掘削深度相関】(クリックで拡大できます)
WILL工法の掘削能力比較【掘削時間-掘削深度相関】(クリックで拡大できます)


技術の概要
「WILL工法」は、バックホウタイプのベースマシンの先端に取り付けた特殊な攪拌翼、リボンスクリュー型攪拌翼を用い、スラリー状の固化材や改良材を注入しながら、固化材と原位置土を強制的に攪拌混合(揺動攪拌)し、安定した改良体を形成する中層混合処理工法である。2タイプのリボンスクリュー型攪拌翼を使い分けることで、軟弱な粘性土地盤はもとより、「ブーメランプレート」を装着すればN値30を超える締まった砂質土地盤・砂礫地盤にも対応可能できる。おおむね深さ8m以内の中層改良を目的とする工法であるが、ベースマシンの選定により、深さ10m程度まで適用することも可能である。

〈WILL工法の特徴〉
●良質な改良体の構築:斜め形状のリボンスクリュー型攪拌翼の回転が、改良対象土に外側から内側へ、また内側から外側へと連続的に揺動運動を繰り返させるので、高い攪拌効率が得られ、均一性の高い良質な改良体が構築できる。
●適用範囲が広い:高性能油圧モーターと2段式ギヤ変換(高トルク仕様)、および特殊掘削補助装置である「ブーメランプレート」の装着などにより高い掘削能力を有し、軟弱地盤から硬質地盤まで、幅広い土質への適用が可能である。
●環境負荷が低く、機動性・安全性にすぐれる:小型・軽量なベースマシンの使用が可能なため、従来工法に比べ振動や騒音が少ない。また機動性も高いので、大型改良専用機での施工が困難な狭い場所、傾斜地でも安全に作業できる。
●信頼性の高い品質管理:専用の管理装置により、運転席内で稼動中の深度、瞬時流量、積算流量、瞬時回転数、積算回転数、時間、攪拌機掘削角度をリアルタイムでモニター管理できる。よって、信頼性の高い品質管理が可能である。

利用分野、これまでの実績等
土木・建築構造物の基礎、盛土の基礎、すべり破壊の防止、液状化防止の施工において、特に全面ブロック式改良、N値20〜40の砂質土、三点式杭打ち機が搬入できない狭隘なヤードといった場合に適した工法である。

特許の登録情報等

特許番号[第4038525号、第3958347号]

NETIS登録番号[QS-090004-A]

中小建設企業へのPR
特殊掘削補助装置(ブーメランプレート)の装着、および2段式ギヤ変換により、N値40までの地盤に対応可能。バックホウ型地盤改良機の短所とされる、掘削能力の低下を解消した工法である。

メッセージ・注意事項等

・N値15以上の粘性土、N値40以上の砂質土、および転石や既設構造物が分布する地盤の改良には適用できない。
・プラントヤードとして150平方メートル、ベースマシンの作業ヤードとして50平方メートル程度のスペースが必要。


コンタクト希望