コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - MITS工法 - 超軟弱地盤の狭小な現場や、障害物が残存している現場に対応する地盤改良工法。施工条件に合わせ2つのシステムを使い分けられる。
中圧噴射で水切削を行い所定深度まで貫入し、地盤を改良するQSJシステム
中圧噴射で水切削を行い所定深度まで貫入し、地盤を改良するQSJシステム

攪拌翼とスラリー中圧噴射を併用し、土を改良するCMSシステム
攪拌翼とスラリー中圧噴射を併用し、土を改良するCMSシステム

上から「QSJシステム」「CMS&QSJシステム」「CMSシステム」施工手順(クリックで拡大できます)
上から「QSJシステム」「CMS&QSJシステム」「CMSシステム」施工手順(クリックで拡大できます)


技術の概要
「MITS工法」は、軟弱地盤の狭小な現場や、障害物が残存している現場での施工に対応するために開発された地盤改良工法であり、QSJシステム、およびCMSシステムの、2つのシステムにより編成されている。QSJシステムは硅砂を含むセメントスラリー、もしくは削孔水を直接噴射可能な特殊グラウトポンプを使用することにより障害物の削孔が可能で、改良体の造成と、さらに周辺への変位抑制が図られる改良方法である。CMSシステムの原理は、機械攪拌工法と高圧噴射ジェットグラウト工法の長所を組合せたもので、セメントスラリーを中圧(5MPa〜15MPa)で噴射しつつ、特殊攪拌翼により軟弱地盤と混合することで改良体を造成するというものである。

〈MITS工法の特徴〉
●小型・軽量な地盤改良機を使用:クローラ型バックホウ(0.28m3〜0.8m3)をベースマシンとする、総重量9t〜25tの小型・軽量な改良機で施工するため、狭小現場での機動性にすぐれ、騒音・振動の少ない低公害施工を実現。
●臨機応変な対応が可能:QSJシステムとCMSシステムは同じ機械構成を使用するため、障害物が残存している地盤であればQSJシステム(障害物の削孔が可能)を用いるなど、施工条件によって2つのシステムを使い分けることができ、臨機応変な対応が可能である。
●周辺地盤の変位を抑制:水切り削孔を行なうことによる、過剰間隙水圧の地上への排出(QSJシステム)や、攪拌翼先端部への変位低減板の装着(CMSシステム)などにより、周辺地盤の変位を抑制した施工ができる。
●施工コストが縮減される:地盤改良機が小型なので使用の損料が安価、従来工法に比べ工期が短い、施工足場が簡単で済む、機械組立て・解体費用が低廉といった、コスト上のメリットがある。

利用分野、これまでの実績等
河川樋門下部地盤改良、道路下部地盤改良、宅地地盤改良、建築基礎地盤改良、ボックスカルバート下部地盤改良などの工事に採用されている。

特許の登録情報等
NETIS登録番号[QS-000012-A、QS-000013-V]
その他の技術認定[先端建設技術・技術審査証明認定番号 技審証第2301号]

中小建設企業へのPR
中圧噴射システムを応用した、新たなスラリー式軟弱地盤改良工法である。同じ径、同じ深さの改良を造成するベースマシンが大幅に小型化されたため、現場周辺環境への威圧感も軽減される。堤防および台船での施工も可能である。

メッセージ・注意事項等

・改良深度は23mまで、改良径は1000mm(QSJ)、1600mm(CMS)まで対応。
・設計時の改良強度は100〜1000kN/m2(QSJ)、80〜1200kN/m2(CMS)を標準としており、これらの数値以下・以上になる場合は別途協議が必要である。


コンタクト希望