コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - 浚渫底泥高圧脱水処理システム - 高い圧力による加圧ろ過脱水により浚渫土を大幅に減容化。生成される高強度の脱水処理土は、各種の土木材料として広く活用できる。
標準型フィルダープレスの5倍以上の高いろ過圧力を有する「高圧フィルダープレス」
標準型フィルダープレスの5倍以上の高いろ過圧力を有する「高圧フィルダープレス」

浚渫原泥の大幅な減容化が可能(クリックで拡大できます)
浚渫原泥の大幅な減容化が可能(クリックで拡大できます)

皇居外苑清水濠浚渫工事(平成16年9月〜平成17年3月)
皇居外苑清水濠浚渫工事(平成16年9月〜平成17年3月)


技術の概要
「浚渫底泥高圧脱水処理システム」は、港湾・河川・湖沼等で発生する浚渫土を、低含水比かつ高強度の土木材料へ改良し、各種用途への利用を可能とする機械脱水処理システムである。浚渫揚泥中に含まれる不純物、砂以上の粒子を除去した泥水を適切な濃度に調整した後、4MPaという、標準型フィルダープレスの5倍以上の高いろ過圧力を有する「高圧フィルダープレス」により加圧ろ過脱水を行なうという工法で、浚渫土の大幅な減容化と、含水比が塑性限界に近い高強度の脱水処理土(脱水ケーキ)の生成を実現している。この脱水処理土は、第3種建設発生土相当のコーン指数(qc=400kN/平方メートル以上)が安定的に確保され、各種土木材料としての有効活用が可能である。

〈浚渫底泥高圧脱水処理システムの特徴〉
●適用範囲が広い:各種浚渫工法、および浚渫土性状に合わせて最適な装置(前処理装置など)を選択し、組み合わせることにより、あらゆる浚渫土への対応が可能である。
●周辺環境への影響が少ない:浚渫から脱水処理までを一連の施工システムで行なうため、泥水が外部環境にふれることはなく、クリーンな処理が可能である。ろ布にケーキがプレコートされる形のろ過で、ろ過水もきわめてきれいな水となる。
●薬剤の添加量を低減:PACや高分子凝集剤等、脱水助剤として使用する薬品の添加が微量(場合によっては不要)で済み、薬剤費用が節約できる。また薬剤の添加が微量なため、周辺環境への影響がほとんど生じない。
●処分地の延命化、処理コスト低減などに貢献:高含水比の浚渫土を大幅に減容化できることから、処分地容量負荷の低減および延命化、運搬および処理コストの低減が図れる。

利用分野、これまでの実績等
1995年より、各地の海域、河川、湖沼において多くの施工実績がある。また生成された脱水処理土は、道路路体、土地造成、水面埋立て、護岸の腹付土、田畑のかさ上げ、沢地の埋立てなどに、広く活用されている。

特許の登録情報等
NETIS登録番号[QSK-080006-A ]

中小建設企業へのPR
浚渫土砂の減容化で処分場容量の効率よい活用に貢献するとともに、浚渫土砂に付加価値を与え、土木用材としての用途を拡大する工法である。脱水処理土は、土木用材として有効活用できるほか、浚渫土砂の性状によってはそのまま植裁土壌として有効活用することも可能である。

メッセージ・注意事項等

・脱水処理の対象となる浚渫土は、砂礫分30%以下の細粒土を標準とする。
・脱水処理プラント設置のためのスペースとして、約500〜1,500平方メートルが必要。


コンタクト希望