コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - 騒音振動遠隔監視システム雲太 - フック部分に機械式定着板を応用したせん断補強鉄筋。高い作業性と管理のしやすさを実現、鉄筋棒鋼のメーカーも選ばない。
インターネット観測による騒音・振動レベルの管理方法(クリックで拡大できます)
インターネット観測による騒音・振動レベルの管理方法(クリックで拡大できます)

携帯電話に届く警告メール(クリックで拡大できます)
携帯電話に届く警告メール(クリックで拡大できます)

グラフ化されたデータにより利害関係者への説明が行いやすい(クリックで拡大できます)
グラフ化されたデータにより利害関係者への説明が行いやすい(クリックで拡大できます)

技術の概要
「騒音振動遠隔監視システム『雲太(うんた)』」は、インターネット回線を通じて土木工事現場における騒音・振動のデータを蓄積するとともに、現場の管理者やオペレーターなど、工事関係者にリアルタイムで提供するシステムである。現場近くにある住宅地などに設置した騒音計、振動レベル計、パソコンなどからなる「観測BOX」で常時現場の状況を観測し、そのデータをサーバーに送信、さらに工事関係者のパソコン、携帯電話などに配信されるという仕組みとなっている。データをモニタリングできるだけでなく、管理基準値を超える観測値が生じた場合は自動的に警報を発する機能も備わり、騒音・振動に関する迅速・的確な対応を支援する。

〈騒音振動遠隔監視システム「雲太」の特徴〉
●工事環境維持の対応がしやすい:工事現場から離れた場所であってもつねに状況がモニタリングでき、管理基準値超えの警報もリアルタイムで受信できるので、騒音・振動の環境基準遵守・維持のための対応がスムーズに行なえる。
●経済性にすぐれ、正確である:現場に調査員を配置して観測する方法などに比べ費用がかからず、かつ精度の高いデータが収集できる。
●わかりやすいデータ表示:端末の画面上にはデータがグラフ化されて表示されるので、状況を把握しやすい。
●作業上の“勘”が働くようになる:管理基準値を超えるたびに端末が即座に警報を発するので、これによって重機オペレーターの、作業上の“勘”が働くようになるという学習効果が期待でき、このことも基準値内作業の維持に役立つ。

利用分野、これまでの実績等
一般住宅・医療施設・教育施設・美術館等文化施設・家畜等飼育施設・精密機械工場等に近接する重機工事、および発破振動・騒音を伴うトンネル工事など、工事騒音・振動の制約、あるいは適切な作業環境維持の必要がある工事で、公共土木工事を中心に多数の現場で採用されている。

特許の登録情報等
その他の技術認定[しまねハツ A1004]

中小建設企業へのPR
この技術を採用した工事の施工者に聞き取り調査を行なったところ、いずれも高い評価が得られた。環境維持対応のしやすさのほか、グラフ化されたデータなどにより利害関係者への説明・説得がしやすいという点も好評であった。

メッセージ・注意事項等

・受信端末としてパソコン・携帯電話が使用できるほか、重機オペレーター向けに携帯タイプ、腕時計タイプの「お知らせ装置」が用意されている。前者はフラッシュライトと音もしくは振動で、後者は音もしくは振動で基準値超えの警報を発するもので、オペレーターの“勘”を養うのにも役立つ。


コンタクト希望