コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - naAno - 中空セラミックバルーンと多孔質シリカ、2つの低熱伝導物質をハイブリッド配合。断熱、結露防止、遮熱の機能にすぐれた新型塗料。
熱伝導率0.06[w/mk]の中空セラミックバルーン
熱伝導率0.06[w/mk]の中空セラミックバルーン

熱伝導率0.012[w/mk]の超多孔質シリカ
熱伝導率0.012[w/mk]の多孔質シリカ

naAno塗装後のマンションビルの温度比較グラフ(クリックで拡大できます)
naAno塗装後のマンションビルの温度比較グラフ(クリックで拡大できます)


技術の概要
宇宙ロケットの先端部の断熱・遮熱材にも用いられる中空セラミックバルーンは、0.06kw/mkと低熱伝導率でありながら塗料と混ぜても変化が起きない完全無機質材料である。また、多孔質シリカは0.012kw/mkとさらに驚異的な低熱伝導率を誇る物質である。これら2つの素材を、バランスよくハイブリッド配合した新型塗料が「naAno」である。断熱(室内用)、結露防止、遮熱(屋根・外壁用)の3タイプがあり、それぞれの用途における問題をピンポイントで解決する特殊な性能を盛り込んで開発されている。異なるタイプを重ね塗りすることもでき、組み合わせにより使用上の効果をプラスすることも可能である。

〈naAnoの特徴〉
●冷暖房の効率が格段にアップ:断熱タイプ(室内用)について、ファンヒーターの燃焼実験を行なったところ、壁に「naAno」を塗布施工した部屋では、施工前の部屋に比べ燃費が35%向上し、暖房効率も11%向上という結果が得られた。
●太陽熱を反射し室内を快適に:遮熱タイプ(屋根・外壁用)には、表面に汚れが付きにくいことで高い反射効率が維持される特殊反射顔料を配合。反射と断熱を同時に行なうことで、室内温度の調節効果を高めている。
●誰にでも塗りやすい水性タイプ:通常の水性塗料と同じ感覚で施工できる。特別な道具も必要なく、刷毛、ローラー、ガン等、通常の道具で塗ればよい。
●耐久性にすぐれ環境にやさしい:塗装面の状態や家屋の立地条件等で多少変わるが、約10年の耐久性が確認されている。また、ホルムアルデヒド発散量の等級が、最も少ない「F☆☆☆☆」に区分されおり、環境に影響することもない。

利用分野、これまでの実績等
3つのタイプを使い分けることにより、屋内外の塗装、および結露防止対策に幅広く使用できる。リフォームの際に施工すれば建物内環境の改善、省エネルギー対策が同時に実施されることになる。

特許の登録情報等
-

中小建設企業へのPR
多孔質シリカはそのユニークな性質から塗料等に混ぜるのは困難とされているが、これを克服しすぐれた機能を持つ塗料の開発に成功した。震災による原発事故後、全国的に節電への意識が高まっているが、こうした状況に簡単、かつ有効な対策として応えるのが、本製品を用いた施工である。

メッセージ・注意事項等

・希釈せずに施工することが推奨されるが、水道水で希釈することも可能である。
・完全乾燥に要する時間は、気温20度の場合、約6時間である。

・色はカタログ色見本の45色から選べる。希望の色がなければ調合も可能。

コンタクト希望