コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - エコライフボード - 内装下地付き型枠兼用断熱材。高い断熱性能による室内環境の大幅向上と、施工手間の省力化による建設コスト削減を実現。
外部型枠建て込み後、エコライフボード(ノロ止め付)を建て込む様子
外部型枠建て込み後、エコライフボード(ノロ止め付)を建て込む様子

支保工取付けの様子、縦端太は不要
支保工取付けの様子、縦端太は不要

エコライフボードの品質及び性能(クリックで拡大できます)
エコライフボードの品質及び性能(クリックで拡大できます)


技術の概要
「エコライフボード」は、厚さ50mmのビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)の断熱材とスタット(縦枠)とを組み合わせた、主にRC造の住宅、マンション等の壁を作るために使用される建材である。軽量なEPS断熱材は型枠も兼ねているので、コンクリート打設後は支保工を外すだけで断熱工事(RC内断熱)が完了する。また、断熱材に接着したスタットが内装下地にもなっていて、石膏ボードを直接取り付けられるほか、パネル面から飛び出しているスタットに沿ってFケーブルで電気配線が行なえるようになっており、屋内電気工事における埋設配管を不要としている。

〈エコライフボードの特徴〉
●複数の工程を省力化:型枠材、断熱材、内装下地材と、3つの機能を兼ね備えた建材であるので、一度に複数の工程を施工できる。建築物の寸法に合わせて事前加工されているので、現場での加工も不要である。
●断熱効果にすぐれる:コンクリート躯体と厚さ50mmのEPS断熱材とが一体になって高気密性を保ち、すぐれた断熱効果を発揮、冷暖房費の削減に貢献する。
●「炭」でさらに快適性アップ:集成材のスタットには、悪臭除去、ホルムアルデヒド等のガスの吸着、防腐、防蟻の効果がある木炭塗料(文部科学大臣賞受賞商品)が塗布されている。
●資材・産業廃棄物を削減:内装下地であるスタットは、さらに型枠建込時に型枠の面板を押さえる「縦端太」の役割も担っている。また、コンパネ解体が不要なので、コンパネ端材等の産業廃棄物が削減できる。

利用分野、これまでの実績等
全国のRC賃貸マンション、RC住宅等において、累計2,300,000平方メートル以上の採用実績(類似商品による実績も含む)がある。

特許の登録情報等
特許番号[平成22年9月10日 4583311]

中小建設企業へのPR
本製品を使用することで、施工手間の省力化による建設コスト削減と、住戸のエネルギー消費の大幅削減(冷暖房費が電気代換算で約40%削減可能)による入居者満足度向上の双方が実現できる。経済性、快適性、環境配慮の全てを実現する工法で、他社との差別化が可能である。

メッセージ・注意事項等
・断熱材部分は、有機溶剤(アルコールを除く)や石油類に侵される、また、80度以上では変形するといった性質を持つため、施工の方法や施工部位には注意が必要。
・自己消火性を有しており、火元を取り除けば延焼することはないが、施工時には鉄筋圧接時の火花が及ぶ部分を保護シートで養生するなど、火気を防ぐ対策をとること。
・建築材料の不燃、難燃、準難燃のいずれにも該当していない。

コンタクト希望