コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - アドバンスシート - 高比重で水に沈むポリエチレンシート。そのすぐれた性能を、海面処分場や埋め立て護岸など水域の遮水工へも適用可能とした。
水に浮かぶ「ポリエチレンシート」(左)と水に沈む「アドバンスシート」(右)の比較
水に浮かぶ「ポリエチレンシート」(左)と水に沈む「アドバンスシート」(右)の比較(クリックで拡大できます)

廃棄物海面処分場におけるアドバンスシートの適用概念図(クリックで拡大できます)
廃棄物海面処分場におけるアドバンスシートの適用概念図(クリックで拡大できます)

アドバンスシートをダブルシーム工法で接合
アドバンスシートをダブルシーム工法で接合


技術の概要
「アドバンスシート」は、廃棄物海面処分場や埋め立て護岸などの遮水材として使用できる、ポリエチレン製の遮水シートである。強度、伸び率、安定性、施工性などの良好さから、陸上の廃棄物処分場では、すでに多く用いられているポリエチレン製の遮水シートであるが、従来は0.94程度であったその比重を、特殊製法により1.21程度に高めたことで、水中に没する条件下での遮水工への適用が可能としたのが本製品である。シート表面を粗面に加工することも可能で、これにより表面摩擦力を向上させシートの滑落防止を図れば、急な勾配の法面にも適用することができる。

〈アドバンスシートの特徴〉
●高比重で水・海水に沈む:ポリエチレン製遮水シートでありながら、比重が高いので水に沈む。下地地盤、構造物等への追従性も良好である。
●施工性にすぐれる:溶着性が非常に良好であり、配管まわり等の複雑な構造部でも確実な施工が容易に可能である。柔軟性にも富み、低温時においてもそれが損なわれない。
●強靭で破損しにくい:引張り強さ、伸び、引裂強さが、他の合成樹脂シートに比べすぐれている。耐ストレスクラック性、耐寒性も十分に備えている。
●耐薬品・耐候性にすぐれる:酸やアルカリなど、多くの化学物質に耐える。また、促進曝露試験の結果、物性変化が少なく耐候性にもすぐれることを立証。
●安全性にすぐれる:原料には「内分泌撹乱作用を有すると疑われる化学物質」など、環境を阻害するような物質を一切含んでいない。

利用分野、これまでの実績等
廃棄物最終処分場の計画・設置が可能な自然条件、および現場条件であれば適用が可能な材料であり、特に海面処分場遮水工ではアドバンスシートの化学的な安定性、施工性が発揮できる。

特許の登録情報等
NETIS登録番号[KK−030003−A]

中小建設企業へのPR
水に沈むという、従来のポリエチレンシートにはあり得なかった特性を備えた遮水シートである。表面を粗面加工すれば法面を急な勾配で計画できるので、廃棄物処分場の容量の増加にも貢献する。

メッセージ・注意事項等
・使用温度範囲は−40〜80度、程度。
・シートを破損させるような鋭利な物(番線や木の切り株など)が突き出ていないように、敷設面をあらかじめ仕上げておくこと。
・シート上を重機や車両で走行すると損傷する恐れがあり、また、火を近づけると溶融する恐れもあるので、施工時にはこれらについての注意が必要。

コンタクト希望