コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - マックスドレーン - 地下水、湧き水、雨水等を効率よく集水・排水する、目詰まりしにくい多孔性のメッシュ状フレキシブル暗渠排水管。
最大孔径1mm以下〜0.3mm程度の孔が不規則に配置されたメッシュ状特殊割繊維
最大孔径1mm以下〜0.3mm程度の孔が不規則に配置されたメッシュ状特殊割繊維

従来の有孔管(上)が1%程度に比べ、マックスドレーン(下)は22%前後も空隙がある
従来の有孔管(上)が1%程度に比べ、マックスドレーン(下)は22%前後も空隙がある

マックスドレーン埋設作業の様子
マックスドレーン埋設作業の様子


パンフレット・資料
技術の概要
「マックスドレーン」は、高密度ポリエチレンのメッシュ状特殊割繊維を管壁に用いた、多孔性の暗渠排水管である。最大孔径1mm以下〜0.3mm程度の孔が不規則に並ぶメッシュ状特殊割繊維を2枚重ねることで、良質なフィルター材料として古くから多く使われている「粗砂」の空隙に相当する、平均0.2mm前後という理想的な孔径の吸水孔がパイプ表面に多数配置されるので、シルト(砂と粘土との中間の粒径をもつ砕屑物)が管壁に付着して水の通りを悪くすることがなく、高い吸水力が発揮され、もちろん砂が管内に流入することもない。目詰まりを起こさず、集水効率が高く、排水時間は短いという、暗渠排水管としての品質向上を実現したのが本製品である。

〈マックスドレーンの特徴〉
●目詰まりしにくい:管壁の吸水孔の大きさが0.2mm前後と理想的で、砂の管内流入や管壁へのシルトの付着がなく、目詰まり耐久性にすぐれている。
●吸水能力が大きい:パイプ表面積に占める、水が浸透可能な孔あき比率(空隙率)が、従来の有孔管では1%程度であるのに比べ約22%と非常に大きく、浮遊水を早く吸収する事ができる。
●不等沈下に追随できる:フレキシブル(屈曲)性だけでは不等沈下に追随できないが、必要な引張伸率が25%と大きいので、破断せずに追随する。
●土圧・輪圧に強い:管の補強体、ならびにメッシュ状特殊割繊維は、高強度のプラスチック(高密度ポリエチレン)で出来ているので、割れたり、つぶれたりすることがなく、高盛土やT-25荷重にも使用できる。

利用分野、これまでの実績等
運動施設における暗渠排水工、各種用地造成における防災排水工、道路・トンネル・鉄道の路床排水工、飛行場滑走路・誘導路の遮断排水工、道路・造成地等の法面排水工、用排水路アンダードレーン、擁壁裏部排水、圃場整備、草地改良、農地造成などに適用可能。

特許の登録情報等
特許番号[第1892165号]
NETIS登録番号[KT−030047−A]

中小建設企業へのPR
フィルター材料に粗砂を適用できる条件下では、特に粗砂を使用する必要はなく、透水性の良い現地発生材や再生砕石の使用も可能、これにより、フィルター材料のコストを50%程度縮減することができる。また管自体も従来品に比べ損傷しにくく、耐久性が高い。

メッセージ・注意事項等
・埋設時には外圧荷重をマックスドレーン全周にできるだけ均等に分布させるため、基床を十分転圧し、10cm以上のレキが含まれないように注意すること。
・フィルター材は透水性の良いものであれば、砂・砕石いずれでも使用可能。

コンタクト希望