コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - クリーンエコシステム - 自然エネルギー活用の空調システムと、高気密・高断熱構法の組み合わせ。ごくわずかな冷暖房で快適に暮らせる、究極のエコ住宅を実現。
クリーンエコシステム概要
クリーンエコシステム概要(クリックで拡大できます)

気密断熱による高気密・高断熱のため、壁内温度差がなくなり、壁内結露も出にくい
気密断熱による高気密・高断熱のため、壁内温度差がなくなり、壁内結露も出にくい

8月26日〜31日温度測定結果、屋内の温度差が少ない
8月26日〜31日温度測定結果、屋内の温度差が少ない(クリックで拡大できます)


パンフレット・資料
技術の概要
地冷熱と太陽熱、これら2つの自然エネルギーを活用した空調設計システムが「クリーンエコシステム」である。このシステムでは地中の温度が一年を通して15〜16度程度で安定していることに着目、その「地冷熱」を室内に取り込んで循環させることで、夏場の室内を涼しくするようにしている。一方、冬場にはガルバリウム鋼板を貼った屋根面を集熱板として利用し、太陽熱を取り込んで循環させることで、室内を暖める仕組みとなっている。これらの熱循環による室温調整機能を、高気密・高断熱の建設工法と組み合せることで、冷暖房費をほとんど使うことなく、夏は涼しく冬は暖かく暮らせる住まいを実現している。

〈クリーンエコシステムの特徴〉
●シンプルな技術で低コスト:特殊な装置や設備を使わないので、メンテナンスの手間も省ける。システムの稼働に必要なのは、空気を循環させるファンを動かす、ごくわずかな電力のみ。
●冷暖房はほとんど要らない:真夏の猛暑時でも、家一軒全体の室温を10畳用のエアコン一台だけで快適な状態に調整できるなど、冷暖房の使用が最低限で済むことが実証されている。
●高気密・高断熱:断熱性の高さだけでも、冷暖房費が抑えられる省エネルギー住宅となる。また、気密断熱により壁内温度差がなくなることで壁内結露が防げ、建物全体の耐久性向上につながる。
●住む人の健康にも良い:屋内の場所による温度差が少なく、急激な温度変化が心臓や血管に負担をかける「ヒートショック」による健康被害から住人を守る。また、エアコンの空気より自然の空気の方が圧倒的に多いので、夏でも冷房病などになる心配がない。

利用分野、これまでの実績等
平成22年夏に発表されて以来、東京都・埼玉県に戸建住宅5棟、モデルハウス2棟の建築実績がある(平成23年8月現在)。

特許の登録情報等
特許番号[第3944181号、特許出願中P2005−273311、P2007−230272]

中小建設企業へのPR
高気密・高断熱技術と自然エネルギーの組み合わせが、高効率な省エネを発揮する。性能を実証するデータとモデルハウスがあるので、施主に対する説明がしやすく、「省エネ」を中心に訴求力も強い。

メッセージ・注意事項等
・標準的な住宅との価格差の一例:ミサワインターナショナルのブランド住宅「HABITA」標準仕様、1,800万円(税込)のモデルに当システムを搭載した場合、価格は2,000万円(税込)となる。

コンタクト希望