コスト縮減
工期短縮
品質向上
安全・安心
環境・エネルギー
リニューアル・リノベーション
情報化技術
耐震補強技術
モニタリング
その他
 - マルチレベル工法・マルチ搬送(横引)工法 - プレキャストコンクリート製品の据付施工の上下調整及び左右位置調整がクレーンを使わずに自由自在、かつ正確に行える。
マルチレベル工法概要
マルチレベル工法概要(クリックで拡大できます)

マルチレベル工法と従来工法の比較
マルチレベル工法と従来工法の比較(クリックで拡大できます)

施工例:大型フリューム
施工例:大型フリューム


パンフレット・資料
技術の概要
プレキャスト(PC)コンクリート製品の据付施工は、クレーンに製品を吊り下げたまま、位置を微調整しながら据付けるという工法が主流であるため、熟練した作業者を必要とし、かつ危険を伴う作業である。そこで、製品に「マルチレベル治具」という治具を取付けることにより、基礎コンクリート上に製品を置いた後は、クレーンを使うことなく市販のレンチ、バールだけで、誰にでも簡単に据付位置の微調整(レベル合わせ)作業ができるようにした工法が「マルチレベル工法」である。また「マルチ搬送(横引)工法」は、「マルチ搬送機」によりPCコンクリート製品を、直線・曲線を問わず所定の位置まで安全、かつ確実に搬送する工法である。

〈マルチレベル工法・マルチ搬送(横引)工法の特徴〉
●安全性が飛躍的に向上:クレーン等の大型重機類をほとんど使用せず据付作業が出来るので、安全性が飛躍的に向上する。また、CO2の排出も大幅に削減することができる。
●正確性と精度が大幅に向上:マルチレベル治具は、PCコンクリート製品のレベル合わせをmm単位で調整できる形状になっているので、正確性及び精度が大幅に向上する。
●工期の大幅な短縮を実現:熟練度に左右されず、マルチレベル治具を用いて簡単・迅速に据付けができるので、工期が大幅に短縮され、現場経費の軽減にもつながる。
●設計強度の確保:基礎コンクリートとPCコンクリート製品との空隙に生モルタルを充填することで、設計の意図する強度が得られる。従来のドライモルタルの上に据付ける方法に比べ、耐震性・耐久性にすぐれている。

利用分野、これまでの実績等
雨水対策におけるボックスカルバート据付、工業団地・公共団地に使用されるL型擁壁据付、用水路等設置工事における大型U字溝据付など、平成8年以来、全国で120件を超える施工実績がある。

特許の登録情報等
特許番号[第3500246・4145155・3753955・4428563号]
NETIS登録番号[TH−020011−A]
その他の技術認定[東京都建設局・静岡県・茨城県・横浜市・兵庫県・東海農政局・東北農政局・中国四国農政局・関東農政局・宮崎県]

中小建設企業へのPR
PCコンクリート製品に加重される重力と、測量機器の水平調整に使用される原理を応用したのが「マルチレベル工法」である。この工法を「マルチ搬送(横引)工法」と併用すれば、高架下や狭隘な住宅地、仮設道路が確保できない場所などでも、PCコンクリート製品を搬送し、据付施工することが可能である。

メッセージ・注意事項等
・PCコンクリート製品の上下及び左右の位置調整を確実に施工するため、基礎コンクリート表面にあらかじめ設置しておく「スライドベース」上にマルチレベル治具を設置しなければならない。そのためには、PCコンクリート製品のマルチレベル治具の位置を正確に確認し、基礎コンクリート表面に墨出し等をして、スライドベースを正確に設置することが必要である。

コンタクト希望