水産資源動物、地球環境にとって重要な役割を果たしている陸奥湾のアマモ場が、護岸整備・桁曳き操業・環境変化等により急激に減少している。また、一方で漁獲の急増により水産資源枯渇が問題化しており、資源培養効果の高い藻場造成技術の開発が必要とされている。

○水産資源動物培養礁(人工漁礁)の設置
  ・アマモの保護・育成
  ・陸奥湾の水産基盤整備
  ・建設業の活性化
○追跡調査と各種分析
  ・水産資源動物やアマモの成育状況の調査
  ・海中の二酸化炭素削減効果の分析  

・礁体を設置するための事業の確保
・礁体に移植するアマモ種苗の安定的供給元の確保

・アマモの窒素・リン吸収による海域環境の浄化
・アマモ場造成による海域生態系の多様性の増大
・礁体製作や設置のための建設業従事者の雇用拡大
・ナマコに加えウニ・アワビ等の水産資源漁獲量の増加
・乾燥・減塩ナマコなどの水産加工生産額の増加

・水産基盤整備事業の新分野への参画
・礁体(コンクリート製品)の生産・販売
・アマモ種苗生産・販売

 

 




礁体セット後のアマモ場

アマモ・礁体へ集まるタナゴ

礁体に生息するナマコ

礁体に生息するウニ

礁体の設置状況
漁場・地球環境再生協議会
  • 事業管理者
    (社)青森県建設業協会
  • 参加団体
    (社)青森県建設業協会、青森県県土整備部、野辺地町漁業協同組合、青森市漁業協同組合、志田建設(株)、(株)大坂組、(株)細川産業
  • 所在地
    青森県青森市
  • 問い合わせ
    志田建設(株)
    担当:志田 崇
    電話:017-765-1122