商品検索
農作物
食品・調味料
飲みもの
住まい・園芸
建設・土木・燃料
観光・体験
サービス
検索
キーワード検索

-

本剤と硬化剤の2液タイプです。施工は簡単で、塗装の初心者の方でも施工要領書の通り作業するだけで、きれいに塗ることができます。

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
価格 生コン車遮熱塗装の必要材料と価格
材料費:大型生コン車1台当り:29,500円〜32,000円

※価格は参考価格です。お気軽にお問合わせください。

数量

ファームバリア16kgセット、
ファームバリアシンナー16リットル
ファームバリア遮熱プライマー16kgセット

サービス

ステッカー:国土交通省NETIS登録番号入り1セットに2枚進呈
施工方法指導:施工要領書等により親切に指導

出品者 株式会社宮防
TEL:0985-53-1008
株式会社宮防
TEL:0985-53-1008
URL:http://www.miyabo.co.jp/
-

特殊セラミックと熱反射顔料で、
暑さと熱をしっかり抑制

「ファームバリア」は太陽光スペクトルのうち、特に熱作用の高い近赤外線を効率よく反射・散乱させ、塗装された表面の温度上昇を抑制する遮熱塗料です。地球温暖化の進行で、年々深刻化している夏の暑さや熱による被害を防ぎ、節電はもとより、ヒートアイランド現象の低減にも貢献します。

生コンの品質保持対策をきっかけに開発

この塗料を開発するきっかけとなったのは、“生コン(生コンクリート)の輸送”でした。品質保持のため、輸送後の荷卸し時の温度を35度以下にすることが原則の生コンですが、夏場は温度が上昇し過ぎて規格外になってしまうこともしばしば。そのため、輸送中の生コンの温度上昇を抑制する対策が求められていました。

2つの相乗効果での温度の上昇を防ぐ

そこで、生コン車のドラム部分に塗って、耐熱処理を施すために開発されたのが「ファームバリア」です。特殊セラミックと熱反射顔料が配合され、前者は塗膜にいったん吸収された熱を放射し、後者は赤外線を反射・散乱します。これら2つの相乗効果で透過熱量を小さくし、温度の上昇を防ぎます。

用途は多彩、現場での施工も手間要らず

生コン車のために開発された製品ですが、畜舎、飼料タンク、一般の住宅、工場の屋根・壁、倉庫、車庫など、温度上昇による影響を防ぎたい様々な場所にお使いいただけます。また、遮熱効果だけでなく、藻やカビ、酸性雨などに対する耐久性が高いことも特徴、長期にわたって美しい外観が保たれます。

株式会社宮防 新規事業部 部長 荻原 英範

地元の大学との共同研究を中心にした、産学連携から生まれた製品です。メカニズム解析などにより効果の高さは十分に実証済みです。これまでに全国38都府県の生コン車ドラムの耐熱処理に採用され、約2,000台の実績がありますが、今後は暑熱対策に悩む様々な分野の皆様に向けて、広く展開していきたいと考えています。(株式会社宮防 新規事業部 部長 荻原 英範)