商品検索
農作物
食品・調味料
飲みもの
住まい・園芸
建設・土木・燃料
観光・体験
サービス
検索
キーワード検索

-

自然色タイプを用いた結婚式場の園路。落ち着いた色合いで上質な空間を演出
(滋賀県:マリアージュ彦根)

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
舗装単価
(材工:直接工事費)
施工規模及び施工場所など環境条件に依り左右されるため、ご相談ください。
製品仕様 1.ソフトタイプ:公園遊歩道・散策路等歩行者・
  ジョギングコース対応
2.標準タイプ:一般歩道部及び車椅子等
  バリアフリー対応
3.ハードタイプ:管理車両・サイクリングロード対応
舗装色バリエーション 1.自然色(土系ブラウン色)
2.黒色(一般砕石舗装同系色)
3.脱色
  (透明バインダー:砕石脱色舗装バインダー同等)
4.ベンガラ色
  (砕石べんがら着色舗装同系色よりマイルド)
出品者 田中建材株式会社
TEL:0740-22-0217
田中建材株式会社
URL:http://www.tanakakenzai.co.jp
-

廃木材を理想的に再生させる、

木質加熱アスファルト舗装

廃木材を焼却処分する代わりに木質アスファルト舗装材としてよみがえらせることで、CO2の発生がなくなり、地球温暖化の抑制やヒートアイランド現象の対策にも貢献します。適度の弾力性があるので膝関節への負担も少ない舗装は、まさに「地球にも人にもやさしい」木質リサイクルの理想形です。

廃木材のチップを高温アスファルトと混合

建設廃木材や間伐材などの木質チップを、独自の特殊技術で高温のアスファルトと効率よく混合し、公園の歩道やジョギングコース、サイクリングロードなどの舗装材として活用します。施工に用いる加熱混合装置は移動式で、廃木材の発生地で木質アスファルト合材が製造できます。

普通のアスファルト舗装と同等の耐用年数

従来技術による木質舗装のほとんどは、木質チップを樹脂で固めてつくるため、耐久性に劣るという問題がありましたが、「ハーモニーロッドウッド」では、普通のアスファルト舗装と同等の耐用年数を実現、さらに施工コストも従来に比べ15%以上引き下げることが可能です。

CO2の排出をなくし、地球温暖化を抑制

廃木材を焼却処分すると発生するCO2、これがリサイクルにより歩道などに“固定化”されることになるので地球温暖化の抑制につながります。木質なので断熱効果も高く、路盤に蓄熱するエネルギーを最小限に抑え、都市部のヒートアイランド対策にも貢献します。

田中建材株式会社 代表取締役 田中 稔
木ならではの色と風合いを生かした施工により、周囲の景観と調和した、癒しの空間を演出します。砕石を使用した通常の舗装材と同等の耐候性や耐食性があるので、従来の木質舗装では不可能だった施工後の管理車両などの通行が可能、経年劣化後もあらためて加熱混合処理すれば再利用できるなど、活用範囲も大きく広がりました。(田中建材株式会社 代表取締役 田中 稔)