rogo
CM方式に対応した施工体制のあり方研究会
CM方式に対応した施工体制のあり方研究会
   
CM方式に対応した施工体制のあり方研究会とは

国土交通省の「CM方式ガイドライン」を踏まえて、CM方式の導入・活用にあたってのより具体的な諸課題の調査研究を進めるため(財)建設業振興基金に「CM導入促進方策研究会」を設置し「CM方式導入促進方策調査報告書」及び「地方公共団体のCM方式活用マニュアル試案」を作成した。CM方式では、一括発注方式に比べ施工に伴う発注者リスクが増加するとの指摘もなされている。このため、発注者のリスク負担を軽減し、安心してCM方式を活用できるよう、専門工事者の円滑な連携による現場施工体制や瑕疵保証制度の整備等、CM方式に対応した施工体制を構築する必要があり、特にCM方式において工事発注区分を細かく分離する場合の施工体制のあり方について検討する必要があった。そこで、主体であるCMRと設計者、施行者、工事管理者等他の主体との役割分担を整理すべきといったCM方式の導入動向を踏まえ(財)建設業振興基金に、「CM方式に対応した施工体制のあり方研究会」を設置し、検討が進められ、「CM方式に対応した施工体制のあり方調査報告書」を作成した。
 
CM方式に対応した施工体制のあり方調査報告書
  研究会委員名簿
 
CM方式導入促進方策研究会
 
CM方式導入促進方策研究会とは
  CM方式導入促進方策調査報告書
  地方公共団体のCM方式活用マニュアル試案
 

国土交通省CM方式活用ガイドライン
  日本コンストラクション・マネジメント協会


Copyright(C) 2002 財団法人建設業振興基金 All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。